アイスランドを中心とする北太平洋の北極圏の近くの離島に生息する野鳥の一種である「ケワタガモ」の毛を使った「アイダーダウン」です。

わたしの眠りいなべに来られて、本当にいい眠りを求めている方には、迷わずにアイダ-ダウンをおすすめしています。

アイダーダックは極寒の地で卵を産み、大切なひなを守り温めるために、親鳥たちは自らの羽毛を巣に敷きつめて巣作りを行います。

そしてひなが巣立った後、その羽毛を手で採取し精製加工したのがアイダーダウン。
ひとつの巣跡からわずか20gを拾い集める昔ながらの手法で採取される希少価値の高い羽毛です。
その柔らかさと温もり、軽さがアイダーダウンの大きな特徴です。

きっと、想像を超える暖かさと心地良さを感じられるでしょう。