がお届けする眠りのメディアサイト

コラム カテゴリーの記事

これが「整圧」だ!プロがすすめる「整圧マットレス」徹底解説

2020.03.09

一般的によく言われている1日8時間睡眠。

 

これを実践すると、人生の3分の1は眠っていることになりますね。

 

例えば80歳まで生きたとき、その人の睡眠時間は単純計算で233,600時間にもなります。

 

年数に直すとざっと27年間!!!

 

この途方もない時間をどこでどんな姿勢で過ごすかによって身体への負担が大きく変わることは簡単に想像できますよね。

 

睡眠の際、どれほどマットレスやふとんなどの敷き寝具が重要か分かると思います。

 

それは分かるけど、どの商品が何故オススメなのかサッパリ分からん!

 

なんて方もいらっしゃるでしょう。

 

そんなわけで今回は、世に数あるマットレスの中で国内No,1メーカー「西川」の主力商品の一つ「整圧マットレス」について解説してまいります。

 

 

 

整圧マットレスをオススメする理由

硬すぎるマットレスのリスク

マットレスは硬すぎてはいけません。

 

硬いマットレスをお使いの場合、身体が沈み込まないので特定の箇所だけがマットレスに接地した状態になります。

 

当然その箇所には負担が集中し痛みを伴うようになる可能性があります。

 

具体的にはお尻や肩甲骨部分、横寝になった時には肩や腰など出っ張ったところがそうです。

 

また、腰が浮いた状態で長時間過ごすと、腰の筋肉の緊張状態が続き乳酸などの疲労物質が蓄積してしまいます。

 

結果、寝ながらにして腰痛発生の危険が増すことになります。

 

 

 

柔らかすぎるマットレスのリスク

マットレスは柔らかすぎてもいけません。

 

仰向けに横になっているときは、直立しているときと同じ姿勢でいることが最も負担のかからない姿勢だと言われています。

 

が、柔らかすぎると全身の体重を十分に支えられず、一番重い腰の部分が最も沈み込みます。

 

すると身体が「くの字」の状態になってしまい正しい姿勢を保てません。

 

結果、やはりこちらも腰痛発生、悪化の原因となります。

 

 

 

 それに対して整圧は…

体圧分散性に優れている

整圧の表面はボコボコしています。

 

表面を凹凸状にカットすることで、下層の芯の部分より相対的に柔らかくすることができるのです。

 

それによって身体の凹凸から生まれる隙間を埋め、全身を均等に支えることができます。

 

どこかに負担が集中することがなくなるので、快適な寝心地を与えてくれます。

 

 

 

正しい寝姿勢をキープ

表面は身体の凹凸に沿うように柔らかくとも、芯の部分はしっかり体重を支えてくれます。

 

仰向けでも横向きでも腰をしっかり支え、身体の軸を真っ直ぐに保つことができるので、腰にかかる負担を軽減できます。

 

 

 

 

点で支えるんです

表面の凹凸が点で全身を支えてくれます。

 

点で支えることにより血流を阻害しにくくなるので、腰痛、肩こり、冷え性などの対策としてオススメです。

 

また、マットレスとの密着性が薄くなるので、ウレタンマットレスにありがちなムレ感が軽減されます。

 

このところ夏は毎年、蒸し暑く寝苦しいですから少しでも快適に眠るためにもこだわりたいところです。

 

 

 

寝返りが打ちやすい

一晩中同じ姿勢で寝ていると、どこかに負担が集中してしまうので、自己防衛として人は寝ているときでも無意識に寝返りを打ちます。

 

しかし、低反発マットレスのように反発が弱いと、寝返りがしづらく余計な体力を使います。

 

筆者の経験上、寝返りをする度に目が覚める、という方も少なくないように思います。

 

その点、整圧は適度な弾力で寝返りをサポートしてくれます。

 

 

 

 

三つ折りなのでローテーションができる

マットレスを使っていると、まず一番重い腰の部分からヘタってきます。

 

つまり、中央部からヘタるので一枚敷きのマットレスの場合、頭と足の位置を逆にしたところで結局問題は解決しません。

 

そのまま我慢して使うか、買い換えるかの選択になってしまいます。

 

その点、三つ折りタイプのものであれば、中央がヘタったら足側と、それがまたヘタったら今度は頭側と入れ替えることができます。

 

このようにローテーションをすることで一枚敷きのマットレスより長く使用できます。

 

 

 

 

整圧は専門店で

専門店で販売されている整圧マットレスはいくつか特殊な加工が施されています。

 

カーボンウレタン使用

素材にカーボンウレタンを使用することで、より弾力が持続します。

 

つまりヘタりにくくなるので、長く使用することが可能です。

 

ポーラスストーン加工

天然のファインセラミックに近い鉱石をパウダー状で噴きつけることで抗菌消臭効果が見込めます。

 

加工されていないモノと比べたら衛生面で優れています。

 

 

 

 

 

整圧にも弱点があります

残念ながら、どんなマットレスでも経年劣化やへたりからは逃れられません。

 

マットレスは消耗品です。

 

一生モノのマットレスは存在しないのです。

 

しかし、日頃のメンテナンス次第で寿命を延ばし、長く快適に使うことができます。

 

そのために整圧の弱点を知っておいて欲しいのです。

 

 

水分がへたりの大敵

ウレタンは水分を含むとその硬度が低下しやすくなります。

 

そして、人は寝ているときにコップ二杯分の汗をかくと言われています。

 

その汗をマットレスが吸うことによってヘタりの進行が早まってしまうのです。

 

寝汗によるヘタり予防対策のポイントは三つ。

 

1.寝汗をマットレスまで浸透させないように防御する

まずシーツは必須です。

 

そして薄めのモノでもいいので敷きパットの使用をオススメします。

 

 

2.マットレスが含んだ水分を取り除く

防ぎきれなかった水分を取り除くため、マットレスの下に除湿シートを敷いておくと効果的です。

 

特に畳やフローリングに直にマットレスを敷いているという場合には、除湿シートの使用を強くオススメします。

 

 

 

3.敷きっぱなしにしない

ウレタンには透湿性があります。

 

つまり、ウレタンマットレスに含まれた水分はどんどん透過していき、マットレスと床板や畳などの接地面に集中します。

 

水分の逃げ場がなくなると、ヘタりの原因だけでなくカビ発生の可能性も高くなってしまいますので敷きっぱなしは厳禁です。

 

定期的に風通しの良い日陰で立てかけるようにして湿り気を飛ばして下さい。

 

 

紫外線が劣化を進める

ウレタンは紫外線を浴びすぎるとボロボロになってしまいます。

 

日干ししたふとんで寝るととても気持ちいいので、マットレスも日干ししたいという方もいるでしょうが、日干しは避け必ず陰干しでお願いします。

 

 

 

 

よくある質問にお答えします

 

洗濯はできる?

ウレタンマットレスは基本的に洗濯できません。

 

マットレスが汚れないようにシーツや敷パットを使って下さい。

 

 

畳やフローリングでも使える?

もちろん大丈夫です。

 

下が硬くて平らな場所であれば畳、フローリング、ベッド問わず使えます。

 

 

何年くらい使える?

定期的にローテーションをすることで10数年使えます。

 

ただし、

 

・体重

・汗のかき方

・日頃のメンテナンス

・すのこベッドでの使用

・敷きパットや除湿シートなどの併用

・カーボン入りかどうか

 

などによって使用年数は変わってきます。

 

 

低反発?高反発?

整圧マットレスは低反発ウレタンを素材としたものではありません。

 

あえて分類するなら高反発の部類に入りますが、より正しく表現するなら「整圧は整圧」と言うべきでしょうか。

 

反発力というよりは耐久性に焦点が当てられていて、10万回という圧力テストをクリアできる品質がウリです。

 

 

やっぱり重たいの?

一般的な綿ふとんより軽く扱いやすいです。

 

女性の方でも簡単に持ち上げられます!

 

 

 

 

パターンオーダーの登場

整圧自体、健康寝具として優れたマットレスであるのですが、さらに進化したマットレスがこのパターンオーダーです。

 

3種類の異なる硬さの素材の組み合わせで、使う方に合わせることのできる仕様のマットレスです。

 

人それぞれ身長体重が異なりますので、画一的な仕様のマットレスよりオーダータイプのマットレスの方がその人に寄り添ってくれます。

 

このパターンオーダーについては、いずれ詳しくご説明しますのでお楽しみに!

 

 

 

整圧が合わないという声も…

 

整圧マットレスは「西川」さんがマットレスの主力商品として長らく販売されてきたものです。

 

要するに販売数が非常に多いため、使ってみたら合わなかったという声も無いわけではありません。

 

完璧な商品なんてものはあり得ませんので。

 

ではなぜ合わないと感じるのか?

 

これからのマットレス選びで失敗しないために、ご購入とご使用に際して知っておいて頂きたいことがいくつかあります。

 

ウレタンの特性

ウレタンはその性質上、最初は硬めで馴染むのにある程度時間がかかります。

 

なので、ご使用の初期段階では「使ってみたら思ったより硬かった」という声もちらほら聞かれます。

 

しばらくお使いになられると馴染んできて気持ちよく使えるようになります。

 

逆に、「最初は良かったけどすぐにヘタってきた」という声もあります。

 

それは馴染み始めたということであって、決してヘタった訳ではありません。

 

馴染んでからはその状態を長く保つことができるので心配はいりません。安心して下さい。

 

 

 

硬さや厚みを正しく選択しましょう

使用される方の体重によって合う硬さが違います。

 

レギュラー、ハードの選択は好みと言えば好みですが、ご自身の体重に合った硬さのものを選ばれる方が後々トラブルは少ないかもしれません。

 

また、体重の重い方には厚みのあるベッドマットレスタイプの整圧もありますので、そちらをオススメします。

 

こちらのベッドマットレスは見た目は一枚敷きのように見えますが、ちゃんと三分割されているので、ローテーションも可能です。

 

 

マットレス選びで失敗しないためにも

ネットでお買い物、とても便利です。

 

分かります。とてもよく分かるんですが、事前に寝試ししておくことがマットレス選びで失敗しないためにとても重要です。

 

表示スペックや宣伝内容だけでは分からない、実体験が何より大切です。

 

専門店などに行けば大体どこでも体験させてもらえますので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

また、当店では2週間3千円でお貸出しもやってます!

 

 

 

当店で受けられるサービス

 

 

ローテーション(無料)

ローテーションとは3つに分かれている各部位を入れ替えることです。

 

ご自宅でもローテーションはできますが、けっこう面倒くさいです。

 

また、どれくらいヘタったらローテーションが必要かご自身で判断することができないと思います。

 

当店でお買い上げ頂いた整圧でしたら、お持ち頂ければ無料で診断とローテーション作業を請け負います。

 

 

除菌消臭(無料)

整圧マットレスは洗濯ができません。

 

衛生面を考えますと、年に一度は除菌消臭しておくことをオススメします。

 

こちらも当店でお買い上げいただいた方を対象に無料で対応いたします。

 

なお、除菌消臭には20~30分お時間を頂きます。

 

 

購入前の貸出し(有料)

ご購入に先立ち、2週間3千円でお貸出ししております。

 

もし気に入ってお買い上げ頂ければ、商品代金からレンタル料分は差し引きます!

 

お貸出しできる数に限りがございますので、即日お貸出しに対応できないこともございますが、是非ご利用下さい。

 

繰り返しになりますが、マットレス選びで失敗しないためには実際に試すのが一番です!

 

 

 

お悩みの方へ!

皆様からのご相談を公式LINEページから承っております!

敷ふとんやマットレスでお悩みの方、

眠りでお困りの方、

お気軽にお問い合わせくださいませ!

わたしの眠りいなべ公式LINE