がお届けする眠りのメディアサイト

コラム カテゴリーの記事

自分好みにカスタマイズできる! オーダーメイド羽毛布団のご紹介!

2021.01.30

羽毛ふとんを選ぶポイントは

 

・サイズ

・生地

・羽毛の質

・羽毛の量

・キルティング

 

というところです。

 

当店では、これらをそれぞれカスタマイズすることでお客様好みの羽毛ふとんを作ることができます。

 

専門知識のあるスタッフがご相談を承りますので、ご予算に合わせて満足できる品質の羽毛ふとんを当店で作ってみませんか?

 

 

 

サイズが選べる

羽毛布団のサイズは、シングル(SL)なら150×210cm、セミダブル(SDL)なら170×210cm、ダブル(DL)なら190×210cmとほぼ決まっています。

 

ですが、当店のカスタマイズサービスなら、

 

「横幅を10cm長くして少し余裕を持たせたい」

「身長が高いので縦の長さを10cm長くしたい」

 

などお客様好みのサイズを選択することができます。

 

また、専門店にもあまり置いていない、クイーンサイズやキングサイズの羽毛ふとんを仕立てることもできます。

 

 

 

生地が選べる

羽毛ふとんの掛け心地を左右するのは生地の良し悪しであることが多いです。

 

当店では10種類以上の生地の中からお好みの軽さ、肌触り、柄の選択をすることができます。

 

個人的には一番こだわって欲しいところですね。

 

羽毛ふとんの生地はバリエーションが多くて悩みどころですが、生地を自分で選ぶからこそ納得のいく羽毛ふとんが出来上がるという訳です。

 

 

 

 

キルティングが選べる

羽毛ふとんには羽毛の偏り防止のため、空気の層を作り出すため、身体にフィットしやすくするためにキルティング加工が施されています。

 

羽毛ふとんはモコモコしているイメージがあると思いますが、あのマス目を作り出している縫い目のことをキルティングと言います。

 

当店のカスタマイズサービスでは、

 

・マス目の数

・ベッドでお使いになってもズレ落ちにくい特殊なキルティング

・羽毛が完全に片寄らないキルティング

 

の選択が可能です。

 

ご自身の使い方に合った、ご自身のためのキルティングをお選びください。

 

 

羽毛の質が選べる

同じグラム数の羽毛が使われているのであれば、羽毛ふとんの保温力を決めるのは羽毛の質です。

 

ダック < グース < マザーグースと質が良くなるほど嵩が高くなり、空気を含む量が多くなるので保温力が高まります。

 

また、質が良いほど羽毛布団がヘタリにくくなります。

 

出来る限り「長く」「温かく」「気持ちよく」お使いになるのなら、羽毛の質にこだわるべきでしょう。

 

 

 

 

羽毛の量が選べる

一般的に羽毛ふとんは、冬用の厚掛け(約1.2kg)、春秋用の合掛け(約0.8kg)、夏用の肌掛け(約0.3kg)の3つに分けられます。

 

当店のカスタマイズサービスではどのタイプの羽毛布団でも細かくご注文を受けることが可能です。

 

例えば冬でも寒くないから羽毛の量は1.0kgでいいとか、逆に寒いから1.4kgは欲しいといったご注文にも対応できます。

 

暑さ寒さの感じ方は人それぞれですので、例えば冷え性の奥様は羽毛の量を増やし、熱がりの旦那様は羽毛の量を少なくするといったカスタマイズがオススメです!

 

 

まとめ

既製品の羽毛ふとんでも、もちろん良いものはたくさんあります。

 

当店は寝具トップメーカー西川の専門店として価格帯ごとに品質の良い羽毛ふとんを厳選して販売しております。

 

ですが、ご自身で選び自分好みに組み合わせることで、特別な逸品が出来上がります。

 

オーダーメイドの醍醐味を楽しみつつ、ご予算に合わせながらこだわりたいところはこだわるという、ご自身のための羽毛ふとんを是非当店でお作りになって下さい!

 

 

お悩みの方へ!

皆様からのご相談を公式LINEページから承っております!

今回の真綿ふとんに関してや

眠りのご相談、寝具のご相談がございましたら、

お気軽にお問い合わせくださいませ!

下記のリンク先からお友達登録後、

ご相談のメッセージをお送りください(^○^)

わたしの眠りいなべ公式LINE