がお届けする眠りのメディアサイト

コラム カテゴリーの記事

寝入りしやすさに特化したオーダー枕 スキャナーピロー

2020.09.12

オーダーメイド枕の必要性

人それぞれ適した枕の高さ、形は異なる

頭や首の形状が人によって違うのはご存じの通りです。

 

一般化された既製品の枕では、ほとんどの場合その人に合った枕ではないのです。

 

ご自身に合わない枕を使い続けることは、首の痛みや肩こり、腰痛、不眠などの弊害を生む原因となります。

 

当店でオーダー枕をお求めになるお客様の多くは、首周りの不調や不眠を訴えられます。

 

ですが、オーダー枕をご使用になってそのような症状が緩和されたという声が多く聞かれるのはうれしい限りです!

 

 

 

使っているうちに低くなってしまう

色々な素材の枕がありますが、どんなものでもヘタって徐々に低くなっていきます。

 

つまり時間と共に自分に合った枕ではなくなっていく、という訳です。

 

要するに枕には高さ調整が必要なんです!

 

オーダー枕であればもちろん高さ調整が可能です。

 

むしろ、調整できないのではオーダー枕とは言えません。

 

自分で調整するセミオーダーでなければ、お買い上げになったお店でプロの店員さんが調整をしてくれます。

 

 

 

睡眠は最初の90分が勝負!

レム睡眠とノンレム睡眠

人は眠っている時に浅い眠りと深い眠りを繰り返していることをご存じですか?

 

その周期は平均すると90分くらいになります。

 

端的に言えば、浅い眠りをレム睡眠。

 

深い眠りをノンレム睡眠と言います。

 

何度か訪れるノンレム睡眠のうち、最も深い睡眠は寝入り直後にやってきます!

 

ここでできるだけ深く眠っておくことが重要です!!

 

なぜなら、後のノンレム睡眠は寝入り直後のノンレム睡眠より深くなることはないからです。

 

つまり最初の入りが浅くなると、全体的に眠りが浅くなってしまうのです。

 

これが最初の90分が勝負という理由です!

 

 

 

寝入りに特化したオーダー枕が存在する!

いざ寝ようと思って枕に頭を乗せたときに、なんとなく後頭部の触りが悪い、耳の当たりが気になる、なんてことよくありますよね。

 

この枕は、3D測定器で後頭部の形や耳の位置まで割り出し、それにピッタリとフィットするパーツを枕にはめ込みます。

 

頭部体圧分散を高精度化し入眠時のストレスを緩和してくれる入眠ファーストの枕です。

 

3Dデジタル処理した画像を元にパーツを作成しますので、よりオーダー性の高い枕といえます。

 

 

 

特徴は、穴が三つあいているところですね。

 

一つは仰向け時の後頭部が当たる部分。

 

二つは横向き時の耳が当たる部分です。

 

筆者は実際にこの枕を使っています。

 

寝入りの際には横向きになることが多いのですが、その際耳が潰れることがないのでスムースに寝入ることができますよ。

 

 

 

《商品詳細》

値段       38,000円  (税抜)

高さ調整の単位  都合1ミリ単位

中材の種類    単一 (ウレタンのみ)

サイズ      70×43

無料メンテナンス 5年間

調整時間     スキャニング含め1時間程度

当日受け取り   不可(パーツ作成に1か月ほど頂戴いたします)

 

注意点

穴のあいた枕を使ったことのある方は、間違いなく少数派なはず!

 

枕を当ててみて違和感を覚えることがあるかもしれません。

 

使う人を選ぶ枕と言ってもいいでしょう。

 

まずは当店でその感覚を確かめて下さい!

 

 

 

お悩みの方へ!

皆様からのご相談を公式LINEページから承っております!

今回の真綿ふとんに関してや

眠りのご相談、寝具のご相談がございましたら、

お気軽にお問い合わせくださいませ!

下記のリンク先からお友達登録後、

ご相談のメッセージをお送りください(^○^)

わたしの眠りいなべ公式LINE