がお届けする眠りのメディアサイト

コラム カテゴリーの記事

寝苦しい季節だからこそ大切です。ちょっとした睡眠のコツご紹介します!

2020.08.01

夏の睡眠は、暑さで寝入りが長くなったり、喉が渇いて途中で起きてしまったりすることが多いですよね。

 

本当に夏の快眠を目指すのなら、前回お伝えしたようにエアコンを有効に活用するべきです。

 

ただ、電気代の節約や、そもそも冷房が苦手だという方もいらっしゃいます。

 

そこで今回は、あまりエアコンを使いたくないという方にも睡眠のためのちょっとしたコツをお伝えします。

 

 

入浴について

入浴かシャワーか

暑いからと言ってシャワーだけで済ます方も多いかと思います。

 

お気持ちはよく分かりますが、入浴一つで睡眠が変わってくるのです。

 

湯船につかると、当然体温は一時的に上がります。

 

入浴後、徐々に体温は下がっていきますが、このとき表面上の体温だけでなく、身体の内側の深部体温も下がっていきます。

 

眠りに入る時には、この深部体温を効率的に下げるとすんなりと眠りに就くことができます。

 

眠る2時間ほど前に一度体温を上げておくと、深部体温の下がり方も大きくなるので、面倒臭がらず湯船につかりましょう。

 

 

湯船の温度

シャワーだけで済ます方とは逆に、夏でも熱いお風呂じゃなきゃ気が済まない!

 

という方もいらっしゃるかもしれません。

 

が、熱すぎると交感神経が刺激され、自覚はなくとも興奮状態になってしまいます。

 

興奮状態では寝入りもスムースにはいきませんよね。

 

体温を上げ、リラックスするためには湯船の温度は40℃弱のぬるま湯くらいが良いでしょう。

 

 

 

水分補給

睡眠前の水分補給は必須です。

 

なぜなら暑くても寒くても、寝初めには汗をかくからです。

 

先ほどご説明したように、眠りにつくために深部体温を下げなければなりませんので自然と汗をかくようになっています。

 

特に汗をかきやすい夏であれば尚更です。

 

水分が足りなくなると睡眠中に喉が渇いて目が覚めてしまったり、夜間熱中症になってしまったり。

 

予防のために就寝前にコップ1杯(約200ml)程度の水分をとっておきましょう。

 

水分補給といってもアルコール、コーヒー、緑茶などはダメです!

 

これらには利尿作用や覚醒作用があるので就寝前は厳禁です。

 

 

掛け寝具

クール系のケットは避ける

触れたときの冷感を売りにしているクール系のケット、パットは避けるべきでしょう。

 

その手のモノは一般的に化学繊維を多く使っています。

 

触った時にヒヤッとして気持ちいいのですが、汗を吸着しにくいので時間が経つとかえってムレます。

 

ヒンヤリ感を求めるなら麻の肌掛けなどがオススメです。

 

接触冷感だけでなく、通気性や吸湿性にも優れていますので気持ちよくお使い頂けます。

 

 

お悩みの方へ!

皆様からのご相談を公式LINEページから承っております!

今回の真綿ふとんに関してや

眠りのご相談、寝具のご相談がございましたら、

お気軽にお問い合わせくださいませ!

下記のリンク先からお友達登録後、

ご相談のメッセージをお送りください(^○^)

わたしの眠りいなべ公式LINE