がお届けする眠りのメディアサイト

コラム カテゴリーの記事

羽毛ふとんリフォームのススメ

2020.03.26

当店はおかげさまで、今年創業60周年を迎えさせて頂きます。

 

創業当初から新しいふとんの仕立てだけでなく、使い込んだふとんのお直しにも力を注いできました。

 

古くなったものを直して使う慣習は、伝統的な日本の「もったいない」精神の現れですよね。

 

綿ふとんの打ち直しだけでなく、羽毛ふとんのお仕立て直し=リフォームも長年多くのお客様からご依頼を受けており、メンテナンス全般は当店の得意技です!

 

羽毛ふとんを仕立て直すことができることをご存じない方も多いようですので、今回はそのリフォームについてお伝えしていきます。

 

 

 

 

リフォームのサイン

羽毛布団は消耗品です。

 

使えば使うほど劣化が進んでいき、いずれは寿命を迎えます。

 

ご愛用の羽毛ふとんをできる限り長くお使いになるために、リフォームをご検討してみてはいかがでしょうか?

 

羽毛や生地の品質にもよりますが、ご購入から8~10年くらいがリフォームする目安です。

 

他に、以下のような状態が目立ってきたらリフォームをお考えになってはいかがでしょうか。

 

 

羽毛はだんだん小さくなる!?

羽毛ふとんの中には当然羽毛(ダウン)が入っている訳ですが、そのダウンの状態がいつまでも変わらないと思っていませんか?

 

実は時間の経過とともにダウンは経年劣化により小さくなっていきます。

 

一つひとつのダウンが小さくなれば、全体としてのボリュームもダウンします。

 

また、ダウン同士が絡み合って丸くなる「玉ダウン」が増えることでもボリュームは失われていきます。

 

そして厚みが無くなれば保温力も落ちてきてしまいます。

 

ヘタってしまった羽毛ふとんは本来の性能を発揮できませんので、以前と比べて薄くなってきたと感じられるようになったらリフォームをおすすめします。

 

 

 

生地から羽根が抜ける!?

生地から小さな羽根のようなものが飛び出したりしていませんか?

 

生地から抜け出てくるその小さな羽根は、ダウンとは違うフェザーと言うものです。

 

一度フェザーが抜けてしまうと、生地の目が広がって次々と抜け出てくることがありますので、頻繁にフェザーが抜け出てきたらリフォームをするサインと言えるでしょう。

 

 

生地が破れてしまうことも

生地が破れてしまったら、もうその羽毛ふとんを使うことはできません。

 

ですが、ダウンがまだ使える状態であればリフォームをして蘇らせることができます。

 

 

羽毛が偏ってしまう!?

羽毛ふとんはキルティングによっていくつかのマス目状に部屋分けされており、ダウンができるだけ偏らないような作りになっています。

 

しかし、キルティングの種類によっては徐々にダウンが偏ってしまうこともあります。

 

ダウンが偏るとボリュームの薄いところから熱が逃げ、温まりにくくなってしまいます。

 

偏りが気になる方は、特殊なキルティングでリフォームすることでダウンが偏らない羽毛ふとんに仕立てることもできます。

 

 

 

リフォームすることのメリット

ふっくら仕上げ

ダウンを取り出し洗浄し乾燥させて、湿っていたり絡まっていたりするダウンをリフレッシュ。

 

さらに足し羽毛をすることでヘタってしまった羽毛ふとんもボリュームアップ!

 

お客様がリフォームのビフォーアフターを比較して一番喜んでくれるのが、ボリューム感の違いです。

 

羽毛ふとんはいつでもふっくらボリューミーで温かいのが一番です!

 

 

生地が新品に

生地は新しいもので仕立て直すので、キレイで衛生的です。

 

柔らかいながらもハリのある新しい生地は掛けたときの爽快感が断然違います。

 

肌で気持ちいいと感じる羽毛ふとんを使うことで入眠時のストレスを和らげ、深く質の良い睡眠をとることができます。

 

 

環境にやさしい

羽毛ふとんをリフォームすることができることをご存じない方も多く、本来まだ使えるものがたくさん廃棄されているのが現状です。

 

まだ使えるものは直して使う、それがエコの精神。

 

リフォームは環境のクリーンアップに貢献します。

 

 

 

思い入れのある羽毛ふとんを長く使うためにも

リフォームをお求めのお客様の中には、ご両親から贈られた、ご家族が使っていたなどその羽毛ふとんに特別な思い入れがある方もよくいらっしゃいます。

 

そういった方には、どんなに高価なものより世界に一つしかないその羽毛ふとんの方が価値あるものなのではないでしょうか。

 

リフォーム後お引き渡しの際に、「また使えるようになるなんて、処分しなくて本当に良かった」というお言葉を頂くこともあります。

 

 

 

 

リフォームのあれこれ

リフォームの流れ

 

 

 

気になるお値段は?

リフォームにしても新品の羽毛ふとんにしても、値段の違いは

 

・ダウンの質や量

・生地の質

・キルティングの種類

 

で決まります。

 

リフォームのご相談の際に、足し羽毛、生地、キルティングをそれぞれ選択することで、ご自分の好みや予算によってカスタマイズすることができます。

 

お値段はその組み合わせで決まり、29,800円(税別)から受け付けています。

 

 

リフォームにかかる時間

当店の場合、お預かりから2週間前後で仕上がります。

 

その間、羽毛ふとんを使えなくなってしまいますが、貸し出し用の羽毛ふとんを揃えていますので寒い時期でも安心です。

 

 

 

いつでもご相談下さい!

 

 

当店にはリフォームに関する専門知識のあるスタッフが皆様のご来店をお待ちしております。

 

長く使われてきた羽毛ふとんや、もう使っていない羽毛ふとんを処分しようかなとお考えでしたら、是非一度当店にリフォームのご相談を!

 

その他寝具に関するお悩みにも対応致します!

 

 

お悩みの方へ!

皆様からのご相談を公式LINEページから承っております!

敷ふとんやマットレスでお悩みの方、

眠りでお困りの方、

お気軽にお問い合わせくださいませ!

わたしの眠りいなべ公式LINE